冠婚葬祭 贈答辞典

弔事(とむらいごと)

お茶を仏事に使う習わしは、中国よりお茶の種子と抹茶法を持ちかえった栄西が、著書「喫茶養成記」で茶の功徳を説いことに始まります。以降、仏事に欠かすことができないものとなりました。

●仏事

名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名書 包装紙
供え物 葬祭または
告別式当日
  御供
御仏前
贈り主の姓 仏事用
祭場供養 当日一般会葬者に配る   供養
祖供養
喪主の姓

●仏事・忌命日の供養Cut_044.gif (8116 バイト)

名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名書 包装紙
初七日
(死亡の前日から数えて7日)
お供え物は当日に 水引は黄白を使用 お供・御仏前・
初七日の志・今日志
贈り主の姓 仏事用
二七日(ふたなのか)
(同14日目)
忌日の当日に配る 二七日の志・今日志  

喪主(嗣子)の姓

三七日(みなぬか)
(同21日目)
忌日の当日に配る 三七日の志・今日志
五七日(いつなぬか)
(同35日目)
忌日の当日に配る 五七日の志・今日志
(注意)命日より数えて七七日が三月にわたる時は五七日を満中陰(忌明け)とすることがある。その場合は、満中陰志
七七日(なななぬか)
満中陰または忌明
(同49日目)
満中陰の配り物は
当日の前後
水引は黄白を使用。満中陰志は「あいさつ状」をそえることが多い。京都あたりでは、満中陰志をほとんど用いず、故人の戒名を記した差し紙を作り忌明志としている。 満中陰志・永代祖供養・七七日忌明
一周忌 命日より数えて
満1年目の祥月命日
何某一周忌志
三周忌 命日より数えて
満2年目の祥月命日
故(亡)何某三回忌志
七周忌 命日より数えて
満6年目の祥月命日
故(亡)何某七回忌志
十三回忌 命日より数えて
満12年目の祥月命日
故(亡)何某十三回忌志
十七回忌 命日より数えて
満16年目の祥月命日
故(亡)何某十七回忌志
二十三回忌 命日より数えて
満22年目の祥月命日
故(亡)何某二十三回忌志
二十七回忌 命日より数えて
満26年目の祥月命日
故(亡)何某二十七回忌志
三十三回忌 命日より数えて
満32年目の祥月命日
故(亡)何某三十三回忌志
五十回忌 命日より数えて
満49年目の祥月命日
故(亡)何某五十回忌志

●神事

名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名書 包装紙
供え物 葬祭または
告別式当日
  御霊前
御供
奉献
贈り主の姓 弔事用
祭場の志 当日一般会葬者に配る   供養
祖供養
喪主の姓

●神事・祭日の配り物

名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名書 包装紙
十日祭
(死亡当日から数えて10日目)
お供え物は当日に 水引は黄白、黒白を使用 御供
贈り主の姓 弔事用
二十日祭
(同20日目)
当日の前後に配る 二十日祭の志
今日志
喪主の姓
三十日祭(同30日目) 三十日祭の志
今日志
四十日祭
(同40日目)
四十日祭の志
今日志
五十日祭
切上げ日(同50日目)
水引は黄白、黒白を使用 故何某偲草
故何某五十日祭偲草

 

冠婚葬祭 贈答辞典

Copyright(C) 1996- Kyoto-Yanoen co.,Ltd. All Rights Reserved.

ochayalogo.gif (14352 バイト)
贈答に関するご相談を、お気軽にお問い合せ下さい。
予算に応じて、ご用意させていただきます。
お問い合わせ